爽やか(さわやか、さはやか) 三秋

sawayaka
【子季語】
爽気、秋爽、さやけし、さやか、爽やぐ
【解説】
爽やかとは、もともとはさらりと乾いた秋風が吹くことをいう。次にその風に包まれるときの感じをいうようになり、さらに秋のここちよい気分をいうようになった。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。

*

爽やかに夜雨の残りし草の上
松瀬青々 「倦鳥」

爽やかに宿立ち出でて飛橋かな 
原石鼎 「原石鼎全句集」

爽やかに山近寄せよ遠眼鏡 
日野草城 「花氷」

爽かや何かにつけて出て歩く
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。