漸寒(ややさむ) 晩秋

【子季語】
やや寒し、ようよう寒し、ようやく寒し
【関連季語】
そぞろ寒、肌寒、朝寒、夜寒、秋寒、露寒、うそ寒
【解説】
晩秋の寒さのこと。冬になっての本格的な寒さとは別である。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
朝ぼらけ萩の上葉の露見ればややはだ寒し秋の初風 曾禰好忠『続古今集』

*

漸寒き後に遠しつくば山
一茶 「享和句帖」

やゝ寒み襟を正して座りけり
正岡子規 「子規句集」

稍(やや)寒の鏡もなくに櫛る
夏目漱石 「漱石全集」

コメントは受け付けていません。