冷まじ(すさまじ) 晩秋

【子季語】
すさまじ
【解説】
季語の「すさまじ」は漢字をあてると「冷まじ」であり、晩秋の急に身に迫る冷やかさをいう。「すさまじい勢い」などというときの「すさまじ」(凄まじ)は冷やかにかぎらず、程度が激しいこと、さらには、荒れているという言葉だが、「荒(すさ)ぶ」「すさむ」から出た言葉で、もとより同根。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
昼吠ゆる犬、春の網代、三四月の紅梅の衣、牛死にたる牛飼、乳児亡くなりたる産屋、火おこさぬ炭櫃、地火炉。博士のうち続き女児生ませたる。方違へに行きたるに、あるじせぬ所。まいて節分などは、いとすさまじ 『枕草子』「すさまじきもの」の段
年暮れてわがよ更けゆく風の音に心の内のすさまじきかな 紫式部『玉葉集』
冬枯のすさまじげなる山里に月のすむこそあはれなりけり 西行『玉葉集』
跡たえてうづまぬ霜ぞすさまじき芝生が上の野べの薄雪 冷泉院『風雅集』

*

猪は季をこそ持たね冷じき 
来山 「海陸後集」

冷まじや吹出づる風も一ノ谷
才麿 「椎の葉」

山畑に月すさまじくなりにけり
原石鼎  「花影」

すさまじきものを咥へて猫帰る
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。