秋の空(あきのそら) 三秋

【子季語】
秋空、秋天、旻天、秋旻
【関連季語】
秋晴、秋高し
【解説】
澄みきった空をいう。秋は雨に見舞われることも多いが、その後、大陸からの移動性高気圧おおわれてからりと晴れあがり、爽やかな空となる。
【来歴】
『世話盡』(明暦2年、1656年)に所出。
【文学での言及】
おほかたの秋の空だに侘しきに物思ひそふる君にもあるかな 右近『後撰集』
よもすがらながめてだにも慰まんあけて見るべき秋のそらかは 源兼長『後拾遺集』
【実証的見解】
秋晴参照

*

によつぽりと秋の空なる不尽の山
鬼貫 「大悟物狂」

秋の空尾の上の杉に離れたり
其角 「炭俵」

樫の木の色もさむるや秋の空
去来 「泊船集」

上行くと下くる雲や秋の天
凡兆 「猿蓑」

秋の空きのふや鶴を放ちたる
蕪村 「蕪村遺稿」

秋の空露をためたる青さかな
正岡子規 「子規全集」

秋の空浅黄に澄めり杉に斧
夏目漱石 「漱石全集」

雲一つ秋空深く上りゆく
松本たかし 「石魂」

高山に大声放つ秋の空
大須賀乙字  「乙字俳句集」

秋空へ大きな硝子窓一つ
星野立子「続立子句集第二」

去るものは去りまた充ちて秋の空
飯田龍太 「今昔」

研ぎあげて包丁黒し秋の空
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。