秋高し(あきたかし) 三秋

akitakasi【子季語】
秋高、天高し、空高し
【関連季語】
秋晴
【解説】
秋になると、大気が澄むので空が高くなったような感じがする。これが「秋高し」だが、「天高し」の方が一般的。
【来歴】
『俳諧寄垣諸抄大成』(元禄8年、1695年)に所出。
【実証的見解】
秋晴参照

*

痩馬のあはれ機嫌や秋高し
村上鬼城 「定本鬼城句集」

天高し釈迦の生れし国に来し
星野立子「春雷」

雲飛んで伊豆山の秋高きかな
長谷川櫂 「富士」

コメントは受け付けていません。