「月」(つき) 三秋

【子季語】
四日月、五日月、八日月、十日月、月更くる、月上る、遅月、月傾く、月落つ、月の秋、月の桂、桂男、月の兎玉兎、月の蛙、嫦娥、孀娥、月の鼠、月の都、月宮殿、月の鏡、月の顔、胸の月、心の月、真如の月、袖の月、朝月日、夕月日、月の出潮、月待ち、昼の月、薄月、月の蝕、月の暈、月の輪、月の出、月の入、月渡る、秋の月、月夜、月光、月明、月影、月下、上弦、下弦、弓張月、半月、有明月
【関連季語】
春の月、夏の月、盆の月、名月、後の月、冬の月
【解説】
秋の月である。春の花、冬の雪とともに日本の四季を代表する。ただ月といえば秋の月をさすのは、秋から冬にかけて空が澄み、月が明るく大きく照りわたるからである。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
北山にたなびく雲の青雲の星離れ行き月を離れて 持統天皇『万葉集』?
こぞ見てし秋の月夜は照らせども相見し妹はいや年さかる 柿本人麻呂『万葉集』
あまの原ふりさけ見れば春日なるみかさの山に出でし月かも 安倍仲麿『古今集』
【実証的見解】
月は地球に最も近い天体であり、太陽に次いで明るい星である。月は満ちたり欠けたりしながら、毎日その姿を変え、約二十九日半で元の姿に戻る。旧暦の太陰太陽暦は、この月の満ち欠けをもとにした暦であり、月が元の姿に戻る約二十九日半をひと月とする。新月が朔日(一日)で満月がだいたい十五日となる。したがってどの月も、満月は十五日ころになる。月の形は新月から三日月、上弦の月、満月、下弦の月(弓張月)、新月と変化する。

*

鎖(ぢやう)あけて月さし入れよ浮御堂
芭蕉 「笈日記」

月さびよ明智が妻の話せん
芭蕉 「勧進牒」

われをつれて我影帰る月夜かな
素堂 「其袋」

声かれて猿の歯白し峰の月
其角 「句兄弟」

家買ひて今年見初むる月夜かな
荷兮 「炭俵」

月に来よと只さりげなき書き送る
正岡子規 「新俳句」

月さして一間の家でありにけり
村上鬼城 「雑詠選集」

灯を消すやこころ崖なす月の前
加藤楸邨「颱風眼」

父がつけしわが名立子や月を仰ぐ
星野立子「立子句集」

奥三河芋の葉にのる月夜かな
森澄雄 「白小」

黒猫の子のぞろぞろと月夜かな
飯田龍太 「山の木」

月祀る万の炎をたたしめて
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。