良夜(りょうや、りやうや) 仲秋

【子季語】
良宵、佳宵
【関連季語】
名月
【解説】
月の明るい美しい夜のことだが、主として旧暦八月十五日の中秋の名月の夜を指す。
【来歴】
『俳諧小づち』(明和7年、1770年)に所出。
【文学での言及】
八月十五日九月十三日は婁宿なり。この宿、清明なる故に、月を翫ぶに良夜とす『徒然草』

*

我庭の良夜の薄湧く如し
松本たかし 「野守」

葭切の静まり果てし良夜かな
川端茅舎 「川端茅舍句集」

山の蟇二つ露の眼良夜かな
森澄雄 「鯉素」

良夜かな赤子の寝息麩のごとく
飯田龍太 「今昔」

香盒の獅子の眠れる良夜かな
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。