十六夜(いざよい、いざよひ) 仲秋

【子季語】
十六夜の月、十六夜月、いざよふ月、既望
【関連季語】
月、待宵、名月、十六夜、立待月、居待月、臥待月、更待月
【解説】
旧暦八月十六日の夜の月、またはその夜をいうので、この名がある。月は満月をすぎると少しずつ欠けはじめ、月の出も少しずつ遅くなる。十六夜は、その最初の月。動詞「いさよふ」はぐずぐずする、ためらふの意。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
【文学での言及】
もののふの八十氏河の網代に木にいさよふ波の行方知らずも 柿本人麻呂『万葉集』
こもりくの泊瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらか 柿本人麻呂『万葉集』
出の端にいさよふ月を何時とかも吾が待ちをらむ夜はふけにつつ 作者不詳『万葉集』
君や来むわれや行かむのいさよひに真木の板戸もささず寝にけり よみ人しらず『古今集』
【実証的見解】
月の中心が地平線と接する瞬間が月の出であるが、一年を平均すると、月の出は一日に約五十分ほどおそくなる。ちなみに今年(二〇〇九年)の東京地方の十六夜の月の出は、十七時三十九分で、前日の中秋の名月より二十六分遅い。翌日の立待月は、十六夜よりさらに二十五分、居待月はさらに二十六分、臥待月は二十七分、更待月は三十一分と徐々に遅れの時間が大きくなり、中秋の名月から十三日後には、零時を越えてから月が出る。

*

いさよひもまだ更科の郡かな
芭蕉 「いつを昔」

やすやすと出でていざよふ月の雲
芭蕉 「笈日記」

十六夜はわづかに闇の初かな
芭蕉 「続猿蓑」

十六夜や海老煎るほどの宵の闇
芭蕉 「笈日記」

十六夜や囁く人のうしろより
千代女 「千代尼句集」

一雨の間にいざようて仕舞ひけり
丈草 「俳諧七部集」

名月に一夜遅れてけふの月
長谷川櫂 「松島」

コメントは受け付けていません。