後の月(のちのつき) 晩秋

juusannya【子季語】
十三夜、名残の月、月の名残、二夜の月、豆名月、栗名月、女名月、後の今宵
【関連季語】
名月
【解説】
旧暦九月十三夜の月。八月十五夜は望月を愛でるが、秋もいよいよ深まったこの夜は、満月の二夜前の欠けた月を愛でる。この秋最後の月であることから名残の月、また豆や栗を供物とすることから豆名月、栗名月ともいう。
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
【文学での言及】
九月十三日夜、閑かに月見るといへることをよめる
すみのぼる心やそらをはらふらむ雲の塵ゐぬ秋の夜の月 源俊頼『金葉集」

*

木曾の痩せもまだなほらぬに後の月?
芭蕉 「笈日記」

三井寺に緞子の夜着や後の月
蕪村 「夜半叟句集」

稲懸けて里しづかなり後の月 
蓼太 「蓼太句集初編」

すみきつて木の陰凄し後の月
闌更 「三傑集」

後の月水より青き雲井かな
樗良 「樗良句集」

あつ物に坐敷くもるや后の月
梅室 「梅室家集」

後の月つくねんとして庵にあり
正岡子規 「子規全集」

この秋のなごりの月を出雲崎
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。