初嵐(はつあらし) 初秋

【解説】
立秋を過ぎて、初めて吹く嵐のこと。 
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
秋風よ荻の上葉になれなれて嵐にうつる今日ぞかなしき 慈鎮和尚『夫木和歌抄』

*

初あらしいやおどろくは与謝の景 
重頼 「桜川」

駕籠に居て挑灯持つや初あらし 
太祇 「石の月」

温泉湧く谷の底より初嵐 
夏目漱石 「漱石全集」

コメントは受け付けていません。