こばいけい草

こばいけいそう/こばいけいさう
晩夏
小梅蕙
【解説】
ユリ科の多年草。中部地方以北の山地や谷間の日当たりの良い湿 地に群生する。有毒植物である。シランの葉に似た葉の柄元は茎 を抱いている。茎は直立し頂が柄分かれして小さな白色の花が密 集する円錐形の花房をつける。雄シベが花弁より長くとび出して いる。草丈五十センチ~一メートル。
【科学的見解】
コバイケイソウは、北海道と本州中部以北の山地から亜高山帯に自生する大型の多年草である。近縁種としては、バイケイソウが挙げられ、花被の色彩や子房の毛の有無などで判別できる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。