露寒(つゆざむ) 晩秋

【子季語】
露寒し、露冴ゆ
【関連季語】

【解説】
晩秋の露が霜に変わろうとするころの寒さをいう。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
雁がねは雲居がくれになきて来ぬ萩の下葉の露寒きころ 伏見院『新拾遺集』
おきあかす露さへさむき月影になれて幾夜か衣うつらむ 性助入道親王『続拾遺集』
露冴ゆる秋の末葉の浅茅原虫の音よりぞかれはじめける 源具親『新続古今集』

*

竹縁もいま露寒し酒のあと?
太祇 「真蹟色紙」

大粒に置く露寒し石の肌?
青蘿 「青蘿発句集」

露寒し我足跡を又帰る
乙ニ 「をのゝえ草稿」

露寒や榎のもとの塒鳥
桃季 「雁風呂」

何鳥の待たるる罠ぞ露寒み
孔桀 「寂砂子集」

コメントは受け付けていません。