花筏

はないかだ

晩春

ままつこ

ミズキ科ハナイカダ属の落葉低木。本州、四国、九州の山地に自生し、高さは二メートルくらいになる。葉は長さ十センチほどの楕円形で互生する。晩春、葉の表面の葉脈に緑色の小さな四弁の花をつける。雄花は四、五個固まって咲き、雌花は一つだけ咲く。

コメントは受け付けていません。