露霜(つゆじも) 晩秋

【子季語】
水霜
【関連季語】
露、霜
【解説】
露が結氷して半ば霜となり、うっすら白くなったもの。水霜ともいう。万葉時代からしばしば詩歌に詠まれてきた。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
露霜にあへる黄葉を手折り来て妹とかざしつ後は散るとも 泰許遍週麻呂『万葉集』
秋萩の技もとををに露霜おき寒くも時はなりにけるかも 作者不詳『万葉集』
露霜の消やすき我が身老いぬともまた若反り君をし待たむ 作者不詳『万葉集』
萩が花散るらむ小野の露霜にぬれてをゆかむさ夜はふくとも よみ人しらず『古今集』
草がれの冬まで見よと露霜のおきてのこせる白菊の花 曾根好忠『詞花集』
露霜の夜半におきゐて冬の夜の月見るほどに袖はこほりぬ 曾根好忠『新古今集』

*

露霜に軽し雀の笹枕
樗堂 「萍窓集」

露じもや丘の雀もちちとよぶ
一茶 「享和句帖」

乱菊にけさの露霜いとゞしき
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。