秋の山(あきのやま) 三秋

【子季語】
秋山、秋嶺、秋の嶺、山澄む、山の秋、秋の岳
【解説】
澄んだ空気のなかでくっきりと聳え立つ山である。夏の名残をとどめる青々とした山から、実りの山へとうつりかわり、やがて晩秋には紅葉に彩られる。ハイキングやきのこ採、紅葉狩りなどで賑わい見せる山でもある。
【来歴】
『俳諧線車大成』(寛政11年、1799年)に所出。
【文学での言及】
秋の山もみぢを幣と手向くればわれさへぞ旅心ちする 紀貫之『古今集』

*

秋の山ところどころに烟たつ
暁台 「暁台句集」

立ち去る事一里眉毛に秋の峰寒し
蕪村 「蕪村句集」

家二つ戸の口見えて秋の山
道彦 「蔦本集」

入相のあとや明けにき秋の山
支考 「西の雲」

秋の山人顕れて寒げなり
一茶 「文化句帖」

秋山や駒もゆるがぬ鞍の上
其角 「続虚栗」

信濃路やどこ迄つゞく秋の山
正岡子規 「子規句集」

秋の山南風を向いて寺二つ
夏目漱石 「漱石全集」

牧ここを広げんと思ふ秋の山
大須賀乙字 「乙字句集」

秋の山縁広ければ臥して見る
松本たかし 「松本たかし句集」

頂上の道二すぢや秋の山
原石鼎 「花影」

銀閣寺裏は切り立つ秋の山
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。