花野(はなの) 三秋

【子季語】
花野原、花野道、花野風
【関連季語】
秋の七草
【解説】
萩、薄、桔梗、吾亦紅、釣舟草など秋の草花が咲き乱れる野原のこと。春の華やぐ野とは違い、秋風に吹かれる花々には哀れをさそう趣がある。 
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
村雨の晴るる日影に秋草の花野の露や染めてほすらむ 大江貞重『玉葉集』

*

面白く富士に筋違ふ花の哉
嵐雪 「風の末所収」

川音の昼はもどりて花野かな
千代女  「千代尼句集」

吹き消したやうに日暮るる花野かな
一茶 「伊丹酒船の記」

から駕籠の近道戻る花野かな 
正岡子規 「子規句集」

雪峰へ日影去りにける花野かな 
渡辺水巴  「水巴句集」

荒海のしぶきをかぶる花野かな
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。