秋の水(あきのみず、あきのみづ) 三秋

【子季語】
秋水、水の秋
【関連季語】
水澄む
【解説】
秋になって澄み渡る水である。大気同様、秋は水も清らかになる。名刀のたとえに「三尺の秋水」という言葉があるが、「三尺」は剣の長さであり、その剣が澄み渡っていることの形容である。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。
【文学での言及】
秋風にかげふきはらふ谷の戸に思ふもきよくすめる山水 藤原定家『夫木和歌抄』

*

秋の水淡路島根をかこひけり
去来 「よとぎの詞」

二またに細るあはれや秋の水
蕪村 「明和六年句稿」

秋の水心の上を流るなり
暁台 「暁台句集」

秋の水泥しづまつて魚もなし
正岡子規 「子規句集」

病む父のほとりに母や水の秋
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。