水澄む(みずすむ、みづすむ) 三秋

【関連季語】
秋の水
【解説】
秋になって水が澄むこと。秋は大気が澄み渡るので、水の流れにも清澄感を覚える。

*

一むらの木賊の水も澄みにけり
鈴木花簑 「同人句集」

流れ澄む水にあるもの柳影
原石鼎 「原石鼎全句集」

水澄むやとんぼうの影ゆくばかり
星野立子「立子句集」

水澄みて四方に関ある甲斐の国
飯田龍太 「山の木」

水澄むやこの谷の石青むほど
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。