糞ころがし

ふんころがし
三夏

【科学的解説】
糞を食用とするコガネムシ科の昆虫は糞虫と呼ばれる。その中の一部は糞を転がして運び、幼虫を育てるために糞を蓄える。これが糞ころがしである。体長は3mmくらいなのであまり目につかない。

バビロンに生きて糞ころがしは押す
加藤楸邨「鶴と煙突」

コメントは受け付けていません。