新酒(しんしゅ) 晩秋

【子季語】
今年酒、早稲酒、新走り、利酒、聞酒、新酒糟
【解説】
その年の新米で醸造した酒。昔は、新米が穫れるとすぐに造ったので、秋の季としたが、今は寒造りが主流となった。とはいえ、新米の収穫のめでたさを祝う思いがこの季語には含まれる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

旅人となりにけるより新酒かな
才麻 「椎の葉」

風に名のついて吹くより新酒かな
園女 「夢の名残」

父が酔ひ家の新酒のうれしさに
召波 「続明島」

八兵衛が破顔微笑やことし酒 
一茶 「九番日記」

青竹の筒ひびかせん新走り
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。