新米(しんまい) 晩秋

新米

新米

【子季語】
今年米、早稲の飯、古米
【解説】
その年に収穫した米で十月ころに出回る。手塩をかけて育てた米が、無事、今年も収穫を迎えた、そうした喜びの思いがこの季語にある。各地の秋祭は、新米の収穫に感謝し、新米を神に供える行事である。

*

新米にまだ草の実の匂ひかな
蕪村 「蕪村庵日記」

熊野路や三日の粮の今年米
蕪村 「明和五年句稿」

新米の酒田は早しもがみ河
蕪村 「蕪村翁句集」

馬渡す舟にこぼるゝや今年米
几董 「井華集」

新米の膳に居るや先祖並み
一茶 「八番日記」

新米の俵も青き貢かな
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」

新米といふよろこびのかすかなり
飯田龍太 「百戸の谿」

大阪の備へ頼もし今年米
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。