枝豆(えだまめ) 三秋

【子季語】
月見豆
【解説】
まだ十分に熟さない青い大豆のこと。塩茹をして食べる。枝つきのまま茹でるので枝豆という名がついた。十五夜にお供えすることから月見豆ともいう。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。

コメントは受け付けていません。