鴫(しぎ)三秋

【子季語】
田鴫、青鴫、磯鴫
【解説】
日本に渡ってくる鴫は非常に多い。大体、七月から十二月にかけて渡ってくる。なかには越冬するものもある。主に田地、沼地の泥湿地に多く、体上面は茶色と黒の交錯、体下面は白い。鳴きながら直線状に飛ぶ。

*

刈りあとや早稲かたかたの鴫の声
芭蕉 「笈日記」

泥亀の鴫に這ひよる夕かな
其角 「五元集」

よる浪や立つとしもなき鴫一つ 
太祗 「太祗句選後篇」

鴫遠く鍬すすぐ水のうねりかな
蕪村 「新五子稿」

鴫突きのしや面になぐる嵐かな
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。