落鮎(おちあゆ)三秋

【子季語】
鮎落つ、錆鮎、渋鮎、下り鮎、とまり鮎、秋の鮎
【解説】
鮎は九月から十月頃産卵のため三百グラムほどにもなり、下流へと下る。その頃になると腹は赤みをおび鉄が錆びたような色になる。錆鮎ともよぶ。産卵した鮎は、体力消耗して、多くは死んでしまう。それゆえ、一年魚ともされる。

*

一とせの鮎もさびけり鈴鹿川
鬼貫 「犬居士」

水音も鮎さびけりな山里は
嵐雪 「杜撰集」

鮎落ちていよいよ高き尾上かな
蕪村 「蕪村文集」

落ちて鮎は木の葉となりにけり
前田普羅 「普羅句集」

鮎落ちて水きれぎれに吉野川
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。