鯊(はぜ)三秋

【子季語】
沙魚、ふるせ、鯊の汐、真鯊、黒鯊、赤鯊、虎鯊、飛鯊、ちちぶ、どんこ、鯊日和、鯊の秋、鯊干す
【解説】
秋から冬にかけて、海に下って産卵する。この頃が美味である。大きな頭に大きな目玉。なんとも愛嬌ものである。釣ってきたものをすぐに天麩羅にしたりする。焼干しは正月の雑煮のだしに用いる。

*

沙魚飛んで船に飯たくゆふべかな 
才麿 「吐綬鶏」

沙魚を煮る小家や桃のむかし貌
蕪村 「安永四年句稿」

沙魚釣の小舟漕なる窓の前 
蕪村 「蕪村句集」

鯊釣るや水村山郭酒旗ノ風
嵐雪 「虚栗」

沙魚釣や鼻をごめきて百とよむ 
太祇 「俳諧新選」

活鯊に天麩羅油ぱちぱちと
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。