秋刀魚(さんま)晩秋

【子季語】
さいら、初さんま、秋刀魚網
【解説】
名のごとく形が刀に似て細長く体長は三十センチほどになる。背は濃い藍青色、腹は銀白色で秋を代表する魚である。食餌と産卵のため北方より南下し十月には房総沖まで達する。脂肪が多く塩焼きにして食べる。苦いはらわたもまたうまい。江戸時代には季語とされておらず、例句は現代に入ってからである。

*

秋刀魚荷の一番がつく残月に
小洒 「杉の實」

道玄坂さんま出るころの夕空ぞ
久米三汀 「返り花」

夕空の土星に秋刀魚焼く匂ひ
川端茅舎 「川端茅舎句集」

風の日や風吹きうさぶ秋刀魚の値
石田波郷「雨覆」

飛びこんで炎の中に秋刀魚あり
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。