鮭(さけ)三秋

【子季語】
しやけ、秋味、初鮭、鼻曲り鮭
【解説】
川で生まれて海に育ち、また産卵のため川に戻ってくる。塩鮭にしたりいくらや筋子にしたりと、幅広い料理に使われる。日本人の好む魚である。

*

きく添ふやまた重箱に鮭の魚
嵐雪 「のぼり鶴」

初鮭や網代の霧の晴間より
支考 「夏衣」

鮭に酒換へてうき世をえぞしらぬ
蕪村 「夜半叟句集」

初鮭の荷や銀さびの夜明け頃
素丸 「素丸発句集」

山風や世を鮭小家の影法師   
白雄 「白雄句集」

荒縄のその荒鮭を屠りけり
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。