法師蝉(ほうしぜみ、ほふしぜみ)初秋

tukutukuhousi

【子季語】
寒蝉、つくしこいし、つくつくし、つくつくぼうし、おしいつく
【解説】
確かにツクツクホーシツクツクホーシと聞こえてくる。うまい名をつけたものである。鳴き声を聞いていると一段と秋が深まり行くようである。蜩よりもこちらが長生き。寒蝉ともいう。

今尽きる秋をつくづくほうしかな 
一茶 「文化句帖」

鳴き立ててつくつく法師死ぬる日ぞ
夏目漱石 「漱石全集」

また微熱つくつく法師もう黙れ
川端茅舍 「川端茅舍句集」

この夕べ力つくせり法師蟬
森澄雄 「虚心」

tukutukubousi

コメントは受け付けていません。