蜻蛉(とんぼ)三秋

【子季語】
蜻蜒、とんぼう、あきつ、やんま、墨とんぼ、青とんぼ、黄やんま
【解説】
鬼やんま、塩辛蜻蛉、蜻蛉釣トンボ目に属する昆虫の総称。あきつ、やんまなどともいう。腹部は細長く円筒状。透明な二対の翅で飛び、大きな複眼を持つ。日本国をさす「あきつしま」は、蜻蛉が尾を咥えあった形に似ているからという故事による。

*

蜻蛉やとりつきかねし草の上
芭蕉 「笈日記」

蜻蛉や日は入りながら鳰の海
惟然 「北の山」

行く水におのが影追ふ蜻蛉かな
千代女  「千代尼句集」

とんぼうや白雲の飛ぶ空までも
几董 「普明集五稿」

蜻蛉の尻でなぶるや角田川
一茶 「七番日記」

蜻蛉や杭を離るる事二寸
夏目漱石 「漱石全集」

蜻蛉行くうしろ姿の大きさよ
中村草田男 「長子」

きらきらと目だけが死なず鬼やんま
加藤楸邨「吹越」

鬼やんまはるかに宙を返しくる
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。