蟋蟀(こおろぎ、こほろぎ)三秋


【子季語】
ちちろ、ころころ、ちちろ虫、筆津虫、つづれさせ、姫蟋蟀、えんま蟋蟀、油蟋蟀
【解説】
秋の虫蟋蟀は種類が多い。おもに黒褐色をしており、草地や暗いところ、家の片隅など身近なところで鳴く。蟋蟀の鳴くのを聞くと寂しく、秋の風情がしみじみと感じられる。古名はきりぎりす。 

*

こうろぎや箸で追やる膳の上     
孤屋 「炭俵」

県井やこほろぎこぞる風だまり
白雄 「白雄句集」

こほろぎや塗師の紙張の暗き裾
幸田露伴 「露伴全集」

こほろぎや翌の大根を刻む音 
正岡子規 「子規全集」

こほろぎや犬を埋めし庭の隅
正岡子規 「子規全集」

コホロギヤ物音絶エシ臺所 
正岡子規 「子規全集」

こほろぎや入る月早き寄席戻り
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。