松虫(まつむし)初秋

【子季語】
金琵琶、青松虫、ちんちろ、ちんちろりん
【解説】
松風のごとくに澄みわたる鳴声から松虫という。昔は鈴虫と松虫の呼び方が逆になっていた。これは中国で呼び名が逆であったからで、現在は、チンチロリンと鳴くのが松虫である。和歌の世界でも鈴虫と並んで音色が愛でられてきた。

松虫は通るあとより鳴きにけり
一髪 「曠野」

松虫のなくや夜食の茶碗五器
許六 「鯰橋」

松虫のりんとも言はず黒茶碗 
嵐雪 「風俗文選」 

松虫も馴れて歌ふや手杵臼
卓袋 「続有磯海」

風の音は山のまぼろしちんちろりん
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。