邯鄲(かんたん)初秋

【解説】
鈴虫に似て体長は十二から十五ミリメートル程度。細身で、体長の三倍の糸状の触角を持つ。寒地・高冷地に多い。淡黄緑色の薄絹を纏ったような色をしている。雄はルルルと美しく儚げに鳴く。名は中国の故事「邯鄲の夢」に由来する。

*

邯鄲につかれ忘れる枕かな
正岡子規 「季語別子規俳句集」

邯鄲の響かせてゐる虚空かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。