蟷螂(かまきり)三秋

【子季語】
蟷螂(たうらう)、鎌切、斧虫、いぼむしり、いぼじり、祈り虫
【解説】
カマキリ目の昆虫。頭は三角形、前肢は鎌状の捕獲肢となり、他の虫を捕えて食す。緑色または褐色。交尾が終わると雌が雄を食い殺すこともある。

*

蟷螂や露引きこぼす萩の枝 
北枝 「北枝発句集」

蟷螂が片手かけたりつり鐘に
一茶 「七番日記」

草穂つかんで立つ蟷螂や佐久平
渡辺水巴 「水巴句集」

蟷螂は馬車に逃げられし馭者のさま
中村草田男 「来し方行方」

塵取を這ひ出してゆくいぼむしり
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。