蓑虫(みのむし)三秋

【子季語】
鬼の子、鬼の捨子、父乞虫、みなし子、親無子、蓑虫鳴く、木樵虫
ミノガ科のガの幼虫。体から分泌した糸で樹木の枝や葉を綴り、蓑(雨具)のような巣を作ってその中に潜む。枝にぶら下がって揺れる様は寂しげ。鬼の子ともいう。

*

蓑虫の音を聞に来よ草の庵
芭蕉 「続虚栗」

みのむしや秋ひだるしと鳴くなめり
蕪村 「夜半叟句集」

蓑蟲や足袋穿けば子もはきたがり
渡辺水巴 「水巴句集」

蓑虫の鳥啄ばまぬいのちかな
芝不器男  「不器男全句集」

蓑虫の留守かと見れば動きけり
星野立子「立子句集」

蓑虫の蓑ありあはせ風の中
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。