梨(なし)三秋

【子季語】
梨子、長十郎、二十世紀、洋梨、有りの実、梨売、梨園
【解説】
秋の代表的な果物の一つ。赤梨の長十郎、青梨の二十世紀など品種も多い。水分に富み甘みが強く、食味がさっぱりとしている。
【科学的見解】
梨は、日本の在来植物の山梨(ヤマナシ)を、栽培化及び品種改良して作出された果樹である。ヤマナシは、本州から九州の人里付近に分布する。ヤマナシの果実には、多くの石細胞が含まれているため、ジャリジャリとした食感がある。品種改良されたものは石細胞が少ない。西洋梨や中国梨と比べ、石細胞を有することが日本梨の特徴である。赤梨系や青梨系など多くの品種が存在する。(藤吉正明記)

*

物干にのびたつ梨の片枝かな 
惟然 「藤の実」

小刀の刃に流るるや梨の水
毛条 「松のそなた」

梨むくや甘き雫の刃を垂るる   
正岡子規 「子規全集」

仏へと梨十ばかりもらひけり    
正岡子規 「子規全集」

梨くふは大師戻りの人ならし 
正岡子規 「子規全集」

すゞなりの小梨に村の曇り哉  
正岡子規 「子規全集」

日毎日毎十顆の梨を喰ひけり 
正岡子規 「子規全集」

道元のつむりに似たる梨一つ
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。