栗(くり)晩秋

【子季語】
毬栗、笑栗、落栗、一つ栗、三つ栗、丹波栗、山栗、柴栗、ささ栗、虚栗、栗山、栗林
【解説】
ブナ科。密生したとげの毬の中で実が生育する。山野に自生し古くからその実は食用とされてきた。六月頃に強い芳香を持つ花を咲かせる。材は耐湿性、耐久性にすぐれ家の土台枕木杭木などに用いられてきた。
【科学的見解】
栗(クリ)は、ブナ科クリ属の落葉樹木であり、北海道西部から九州までの低山で普通に見られる。在来のクリを改良し、多くの品種が作出されている。カキノキと同様に、日本の数少ない在来果樹の一つである。(藤吉正明記)

*

夜ル竊(ひそか)ニ虫は月下の栗を穿ツ
芭蕉  「東日記」

古寺や栗をいけたる椽の下
鬼貫 「鬼貫句選」

山川や梢に毬毛は有ながら
其角 「きれきれ」

栗備ふ恵心の作の弥陀仏
蕪村 「蕪村句集」

栗拾ひねんねんころり言ひながら
一茶 「九番日記」

毬栗の蓑にとどまるあらしかな
白雄 「白雄句集」

毬栗に鼠の忍ぶ妻戸かな
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。