柳散る(やなぎちる)仲冬

【子季語】
黄柳、柳黄ばむ、散る柳
【解説】
秋の終わり頃、葉は黄ばみ、一葉ずつ、時をかけて散り尽す。たおやかに揺れて散るさまは、秋そのもの。

*

庭掃きて出でばや寺に散る柳 
芭蕉 「奥の細道」

船よせて見れば柳のちる日かな
太祇 「太祇句選後篇」

柳散り清水涸れ石処々  
蕪村 「反古衾」

柳散るやただ土くれの西東   
白雄 「古にし夢」

柳散るや少しタベの日のよわり
暁台 「暮雨巷句集」

柳散り棄屑流るる小川かな
正岡子規 「寒山落木」

柳散る紺屋(こうや)の門の小川かな
夏目漱石 「漱石全集」

散り残る柳が触れる心地かな
五島高資 「蓬莱紀行」

コメントは受け付けていません。