木の実(このみ)晩秋

【子季語】
木の実落つ、木の実降る、木の実の雨、木の実時雨、木の実独楽、木の実時
【解説】
櫟・橡・椎・樫など木になる実の総称。食べるために拾い集めたり、かわいらしい形に惹かれて拾い集めたりする。独楽などのおもちゃにするものもある。落ちている木の実を踏んで野山を歩くのも趣がある。

*

籠り居て木の実草の実拾はゞや
芭蕉 「後の旅」
鶴一つ痩せて秋待つ木の実かな
支考 「浜荻」

猪の庭踏む音や木の実ふる
太祗 「太祗句選後篇」

芝舟の底に三ッ四ッ木の実かな
一棟 「田毎の日」

木の実降る石に座れば雲去来
杉田久女 「杉田久女句集」

憂き人の肩に音ある木の実かな
石橋秀野 「桜濃く」

木の実のごとき臍もちき死なしめき
森澄雄 「所生」

厭な風出て来し山の木の実かな
飯田龍太 「遅速」

コメントは受け付けていません。