菊(きく)三秋

kiku【子季語】
白菊、黄菊、一重菊、八重菊、大菊、中菊、小菊、菊作、厚物咲、初菊、、乱菊、千代美草、懸崖菊、菊の宿、菊の友、籬の菊、菊時、菊畑
【解説】
キク科の多年草。中国原産。奈良時代日本に渡って来た。江戸時代になって観賞用としての菊作りが盛んになる。香りよく見ても美しい。食用にもなる。秋を代表する花として四君子(梅竹蘭菊)の一つでもある。
【科学的見解】
菊は、キク科キク属の多年草の総称であり、海外から導入されたものが一般的に観賞用・食用として栽培されている。その他、日本在来のキク属の植物は、一般的に野菊と呼ばれ、複数種存在している。代表的な種として、リュウノウギク、ノジギク、サツマノギク、イソギクなどがあり、白や黄色の花弁を有している。(藤吉正明記)

菊の香や奈良には古き仏達
芭蕉 「杉風宛書簡」

菊の花咲くや石屋の石の間
芭蕉 「翁草」

琴箱や古物店の背戸の菊
芭蕉 「住吉物語」

白菊の目にたてゝ見る塵もなし
芭蕉 「笈日記」

手燭して色失へる黄菊かな
蕪村 「夜半叟句集」

黄菊白菊其の外の名はなくもなが
嵐雪 「其袋」

御立ちやるか御立ちやれ新酒菊の花
夏目漱石 「漱石全集」

あるほどの菊抛げ入れよ棺の中
夏目漱石 「漱石全集」

御空より発止と鵙や菊日和
川端茅舎 「川端茅舎句集」

頂上や殊に野菊の吹かれ居り
原石鼎 「花影」

菊見事死ぬときは出来るだけ楽に
日野草城 「人生の午後」

白菊に遠い空から雨が来る
飯田龍太 「春の道」

大輪となるべき菊の莟あり
長谷川櫂 「新年」

目覚めても目覚めても闇菊の闇
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。