敗荷(やれはす)仲秋

【子季語】
破蓮、敗れ荷、敗荷、秋の蓮
【解説】
秋口には風に葉を翻していた蓮も、日に日に色褪せ、風雨に打たれて破れてゆく。寂しくわびしい秋の風情そのもである。

*

さればこそ賢者は富まず敗荷
蕪村 「夜半叟句集」

敗荷や雨は静かに降りつづく
淡嵩 「丁卯句鈔」

yarehasu

コメントは受け付けていません。