雁(かり)晩秋

【子季語】
雁(がん)、かりがね、真雁、菱喰、沼太郎、酒面雁、雲井の雁、小田の雁、病雁、四十雀雁、白雁、黒雁、初雁、雁渡る、天津雁、雁の棹、雁行、雁の列、落雁、雁鳴く、雁が音
【解説】
晩秋に北方から来て春には帰る。体は肥っていて灰褐色。頚が長く尾は短い。グァングァンと声を発しつつ棹型や鉤型に並んで飛翔する。雁をかりがねと呼ぶのは古来、多くの人がその声をめでたからである。

*

病雁の夜寒に落ちて旅寝かな
芭蕉 「猿蓑」

雲とへだつ友かや雁のいきわかれ
芭蕉 「蕉翁全伝」

雁の腹見すかす空や船の上
其角 「其便」

雲冷ゆる夜半に低し雁の聲 
丈草 「誹諧曽我」

初雁や通り過して聲ばかり
千代尼 「千代尼句集」

初雁に羽織の紐を忘れけり
蕪村 「新五子稿」

離れじと呼つぐ聲か闇の雁
闌更 「牛化坊発句集」

雁並ぶ聲に日の出る河原かな
士朗 「枇杷園句集」

夕陽に引戻されな後の雁 
蒼? 「蒼?翁発句集」

雁やのこるものみな美しき
石田波郷 「病雁」

雁の束の間に蕎麦刈られたり
石田波郷「雨覆」

胸の上に雁行きし空残りけり
石田波郷「惜命」

雁の数渡りて空に水尾もなし
森澄雄 「浮鷗」

雁や太陽がゆき月がゆき
長谷川櫂 「松島」

コメントは受け付けていません。