鱸(すずき)三秋

【子季語】
せいご、ふつこ、川鱸、海鱸、木つ葉、鱸網
【解説】
スズキ科に属する海魚で、北海道から九州に至る沿岸や近海に広く分布する。ボラなどのように成長とともに呼び名が変わるので、出世魚の名がある。刺身、洗膾、塩焼きにして食する。

*

風の間に鱸の膾させにけり
鬼貫 「犬居士」

打つ櫂に鱸はねたり淵の色
其角 「句兄弟」

釣り上ぐる鱸や闇に太刀の影
支考 「川琴集」

釣り上げし鱸の巨口玉や吐く
蕪村 「蕪村句集」

百日の鯉切り尽きて鱸かな
蕪村 「蕪村句集」

おろされて貴きかほの鱸かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。