虫(むし)三秋

【子季語】
鳴く虫、虫鳴く、虫の声、虫時雨、虫の闇、虫の秋、昼の虫、虫すだく、虫聞き
【解説】
秋に鳴く虫の総称である。その鳴き声を愛し、楽しむ。立秋の頃から鳴き始める。それを聞くと秋のおとずれをしみじみと感じる。

*

行水の捨てどころなき虫の声?
鬼貫 「をだまき綱目」

屋根まくる野分の中や虫の声
李由 「韻塞」

暮るゝ程芭蕉にひゞく虫の声?
許六 「韻塞」

むし啼くや河内通ひの小でうちん?
蕪村 「蕪村句集」

虫啼や木賊がもとの露の影
樗良 「樗良発句集」

声さゆる虫は何ゝ銅だらい      
白雄 「白雄句集」

コメントは受け付けていません。