落穂(おちぼ)晩秋

【子季語】
落穂拾ひ
【解説】
刈り取った後の田や畦・稲架の下に落ちている穂のこと。一粒の米も無駄にしないという思いから、落穂拾いは大事な仕事。

*

? いたゞいておち穂拾む関の前
芭蕉 「もとの水」

庭鳥の卵うみすてし落穂哉
其角 「雑談集」

落穂拾ひ日あたる方へあゆみ行く?
蕪村 「蕪村句集」

あしあとのそこら数ある落穂かな?
召波 「春泥発句集」

痩臑に落穂より行く聖かな?
几菫 「晋明集二稿」

旅人の垣根にはさむおち穂かな?
一茶 「文政版句集」

コメントは受け付けていません。