秋草(あきくさ)三秋

【子季語】
秋の草、色草、八千草、千草、野の草
【解説】
山野に自生する秋の草の総称である。あまり名前の知られていない草花も含み、特定の草をさすものではない。秋の七草から雑草と言われるものまで広範囲に及ぶ。

*

逢坂も粟津も果は秋の草
支考 「東西夜話」

蔓草のづんづと秋も二十日立つ
白雄 「白雄句集」

悉く我も知らずよ秋の草
白雄 「白雄句集」

コメントは受け付けていません。