草の花(くさのはな)三秋

kusanohana
【子季語】
草花、草の初花、千草の花、野の花、百草の花
【解説】
秋に咲く草々の花のこと。よくぞ咲いている、という思いがある。そこから、しみじみ、可憐、地味、はかないという思いが湧くが、逆にしぶとい、という印象もなくはない。
【科学的見解】
秋も春同様に多くの山野草が花を咲かせる時期である。いろいろなグループが花を咲かせるが、野山ではキク科、イネ科、シソ科などの花が目立つ。(藤吉正明記)

*

草いろいろおのおの花の手柄かな 
芭蕉 「笈日記」

薬欄にいづれの花をくさ枕 
芭蕉 「曽良書留」

はなの秋草に喰ひあく野馬かな 
嵐雪 「玄峰集」

名はしらず草毎に花あはれなり 
杉風 「雪七草」

うり行くや一たばねづつ草の花
蝶夢 「草根発句集」

門ありて国分寺はなし草の花
梅室 「梅室家集」

穂に出でて靡くも哀れ草の花
杉田久女 「杉田久女句集」

やすらかやどの花となく草の花
森澄雄 「白小」

赤ん坊の肌着を干せり草の花
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。