草の実(くさのみ)三秋

【子季語】
草の実飛ぶ
【解説】
殆どの雑草は、花の終わった秋にそれぞれの実をつける。形や大きさはいろいろだが、その秋草の実をまとめて草の実という。

*

草の実の袖にとりつく別れかな  
潦菟 「射水川」

草の実も人にとびつく夜道かな 
一茶 「九番目記」

籠り居て木の実草の実拾はばや 
芭蕪 「後の旅」

草の実や空しく土と成るばかり 
闌更 「半化坊発句集」     

草の実や影より淡くはしる水
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。