萩(はぎ)初秋

【子季語】
鹿鳴草、鹿妻草、初見草、古枝草、玉見草、月見草、萩原、萩むら、萩の下風、萩散る、こぼれ萩、乱れ萩、括り萩、萩の戸、萩の宿、萩見
【解説】
紫色の花が咲くと秋と言われるように、山萩は八月中旬から赤紫の花を咲かせる。古来、萩は花の揺れる姿、散りこぼれるさまが愛され、文具、調度類の意匠としても親しまれてきた。花の色は他に白、黄。葉脈も美しい。
【科学的見解】
萩は、マメ科ハギ属に属する半低木類の総称であり、山萩(ヤマハギ)、毛萩萩(ケハギ)、丸葉萩(マルバハギ)などがある。園芸品種も多数存在する。代表的な種としては、ヤマハギが知られているが、北海道から九州の山地に普通に見られる。(藤吉正明記)

*

白露もこぼさぬ萩のうねりかな
芭蕉 「栞集」

一家に遊女もねたり萩と月
芭蕉 「奥の細道」

行々てたふれ伏すとも萩の原
曽良 「奥の細道」

小狐の何にむせけむ小萩はら
蕪村 「落日庵句集」

萩散りぬ祭も過ぬ立仏
一茶 「享和句集」

白萩のしきりに露をこぼしけり
正岡子規 「寒山落木」

大風に折れたる萩もなかりけり
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。