女郎花(おみなえし、をみなへし)初秋

【子季語】
をみなめし、粟花、血目草
【解説】
秋の七草のひとつ。日あたりの良い山野に自生する。丈は一メートルほどになり茎の上部に粒状の黄色い小花をたくさんつける。庭や畑に植え切り花としてもちいる。
【科学的見解】
女郎花(オミナエシ)は、オミナエシ科オミナエシ属の多年草で、北海道から九州まで分布している。オミナエシは、草地に生える植物であるが、近年、全国的に草地が減少しているため、野生のオミナエシの個体数も減っている。近縁種として、白い花を咲かせる男郎花(オトコエシ)が存在する。(藤吉正明記)

*

見るに我も折れるばかりぞ女郎花
芭蕉 「続連珠」

ひよろひよろと猶露けしや女郎花
芭蕉 「曠野」

女郎花牛が通ればたふれけり
蝶夢 「草根発句集」

牛に乗る嫁御落とすな女郎花
其角 「句兄弟」

女郎花少しはなれて男郎花
星野立子「立子句集」

丈に出てそこらさびしきをみなへし
森澄雄 「花間」

コメントは受け付けていません。