松茸(まつたけ)晩秋

【子季語】
土瓶蒸し
【解説】
秋を代表する茸の王様。独特の芳香があり吸い物、土瓶蒸しなどにして楽しむ。近年赤松林の手入れが行き届かないため収穫が減っている。外国産のものや香りを添加したものも出回っている。
【科学的見解】
松茸(マツタケ)は、キシメジ科キシメジ属の菌類で、共生菌の代表種である。マツタケの共生植物としては、一般的に赤松(アカマツ)が知られているが、一部の地域ではその他のマツ科を中心とした樹木にも共生する。マツタケは、腐生菌とは異なり、工場内での人工栽培ができないため、収量の減少とともに、茸(子実体)は高値で取引されている。マツタケに似た在来種としては、バカマツタケやマツタケモドキなどが存在する。(藤吉正明記)
        
*

まつ茸やしらぬ木の葉のへばりつく
芭蕉 「続猿蓑」

松茸やかぶれた程は松の形
芭蕉 「俳諧曾我」

松茸や人にとらるゝ鼻の先 
去来 「けふの昔」

松茸や都に近き山の形 
惟然 「笈日記」

松茸は京の荒砂こぼしけり
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。